年末調整って言葉は聞くけどいまいち仕組みが分からない人へ

会社からの給料は総支給から色々な税金が引かれて手取りになっているが、実は所得税などは多少大目に引かれている。それを最終的に調整するのが年末調整だ。
MENU

年末調整の仕組みはこうなっている

例えば「企業に属している人」は、毎月給料から所得税などの税金が天引きされた形で支給されます。
天引きした分は会社が事業資金として活用していると言う訳では無く、しっかりと国に納めているものです。
個々人から天引きした税金は、「当人のもの」という形で国に納められるわけですが、この金額は「見込み金額」であって正確な金額ではありません。

 

また、人によっては年度途中で大きな収入変化がある可能性もあります。
収入が増えた場合は良いのですが、減ってしまった場合は見込み金額が大幅に変化してしまうことになります。

 

例えば、年収200万円を見込んで税金を納付していた人が、半分ほど過ぎたころに「昇進して収入がアップした」とします。
そうすると、改められた年収に対して割合で税金が天引きされるようになるので年末調整の段階で「少ない」と言うことが起こりづらくなります。
しかし、「降格もしくは失業によって収入がダウンした」とすると、事前に見込んでいた年収よりも大幅に少ない金額で年収となってしまう可能性があります。

 

本来は200万円の年収を見込んで税金を徴収(納めて)していたわけですが、終わってみれば100万円の年収しか得られなかったとすると、最終的に納付する税金は100万円分の違いが出てしまいます。
そうなってくると「税金を払い過ぎている可能性」が出てしまうため、年末調整によってその差額を調節するという仕組みで正当な税金になる様にしています。

 

しかし通常の場合、そこまで年収が増減するケースは少なく、多めに所得税などが天引きされているのです。
万が一、追加で税金を支払ってもらうとなると、国からすると余計な手間にもなりますし、何より支払う側としては大きな苦痛となります。
従って、予め少し多めに税金を徴収しておいて、後から還元するという形を取っているのが一般的な年末調整です。
年末に税金の調整を行うものというイメージです。

 

個人事業主の場合、確定申告の段階で確定した税金を納付するということも出来ますが、年度途中で見込み納付をすることも出来ます。
最終的に見込み額との差異が生じた場合、追加納付もしくは還付という形で適切な税額になる様に調整されます。
この仕組みは基本的に覚えていなくとも問題はありませんが、節税対策などを考える上では比較的重要な要素になります。
「税額控除」を意識しておくと、還付が大きくなりやすいです。

このページの先頭へ