国税と地方税に該当する税金と気をつけたい税金

国税と地方税に分類される代表的な税金について解説。個人が注意しておくべきなのは、大きな買い物をするときに負担を強いられる税金だ。
MENU

国に収める国税と地方自治体に収める地方税

国に納める税金としては様々なものがありますが、一般的なものとしては所得税が挙げられます。
ただし、意識をして納税をしているかどうかは個人ごとでことなるものです。
なぜならば、この税金は給料収入の人の場合は、源泉所得税として給料などから勝手に差し引かれているものだからです。
したがって、給料明細をじっくりと見ることなどをしない限りは、納税額などを気にする人は少ないでしょう。

 

また、所得税に類似する税金として住民税があります。
正確には都道府県民税と市区町村民税の合わせたものですが、一般的にはこれらをまとめて住民税と呼んでいます。

 

この税金は地方公共団体が徴する税金ですので、地方税です。
また、この地方税も所得税と同様に、給料などから源泉徴収されています。
個人事業主や無職の人などは納税通知書が地方公共団体すなわち、1月1日現在の住民票のある市区町村役場から納税の通知がなされるようになっているものです。

 

国に収める税金も地方税も、原則として人や金、ものなどに動きが生じた場合に課税される性質を持っています。
所得税で言えば、所得を得たのでその中から税金の納税を求めるものですし、住民税などの地方税もそうした性質を有しています。

 

大きな買い物には税金がつきまとう

個人で注意したいこととしては、特に大きな金額が動く買い物などをした場合においては、何かしらの税金が課税されると言うことです。
消費税以外にも、たとえば自動車の購入などをすれば自動車取得税や自動車重量税など、地方税、国税を問わず課税されます。

 

こうした税金の性質をあらかじめ知っておくことで、ちょっとした節税対策も可能です。
たとえば個人で購入する自動車などは、燃費がよい車両の場合は軽減制度が設けられているケースも多いです。

 

また、所得税及び住民税では、個人が行う確定申告でしっかりと控除額を計上することで、所得税の還付等減税や住民税の地方税において減額の効果が得られます。
最近では確定申告もし易いように、電算上で行うことも可能ですし、控除に関する知識なども容易に得られるようになっていますから、工夫次第で減税も可能になっています。
医療費控除はよく知られていますが、それ以外にもふるさと納税制度による寄付金控除の利用も、減税には大いに効果があると言えるでしょう。

 

このように税金に関する知識特に身近なものについては、節税を行えるチャンスは大いにありますので、利用しない手はないといえるものです。
正しい知識で賢く節税を行える、そうした時代になっています。

このページの先頭へ